Q&A

セラミックスと金属の違いは何ですか?(←詳細はクリック)

虫歯治療といえば、銀歯が一般的でした。しかし、現在ではセラミックスを選択される方が増えています。歯科医院がセラミックスを勧める3つの理由があります。

 

理由1 本物の歯のようにキレイ

透明感のある美しい素材で、自分の歯の色に合わせることができます。また、劣化もほとんどせず、プラークなどの汚れもつきにくいので変色することはほぼありません。天然の歯の中に溶け込む自然な仕上がりなので、口を開けて笑っても目立ちません。その結果、人前でも自信を持って話せるようになり、自然と笑顔も素敵になります。

理由2 強力に接着し虫歯が再発しにくい

ボンドでセラミックスを歯につける時、歯と強力に接着し、歯とほぼ一体化するため、隙間から細菌が入って虫歯になったり外れたりすることはありません。

理由3 歯ぐきが黒くならない

金属を使う保険の差し歯やメタルボンド(金属の表面にセラミックを焼き付けたもの)の場合、金属は濡れたところで溶け出しやすい性質があり、銀歯を入れてしばらく経つと金属成分がイオン化して溶け始めます。やがて溶けた金属イオンによって歯や歯茎の色が黒ずみ、人によっては金属アレルギーを引き起こすケースもあります。一度黒くなってしまった歯茎は刺青のようになり、被せ物を後から変えても、歯茎の色が戻らないのです。そのため金属を使わない治療をお勧めします。

 

ここまでセラミックスのメリットを中心にお伝えしてきましたが、実際に治療する際にはいくつか注意点あります。

保険診療として認められていない素材で自由診療となりますので、コストも当然高くなります。

歯ぎしりや食いしばりが強い場合、欠けてしまうことがあります。その場合はマウスピース(ナイトガード)を使用し、ガードする必要があります。

 

セラミックスの歯・金属の歯・プラスチックの歯など選択肢がございますので、それぞれのメリット・デメリットをしっかりご説明させていただき、患者様の歯の状態やご希望に合わせて、最適なものをご提案させていただきます。

キーワードで質問検索

気になるキーワードを入力してください。